久留米高牟礼ライオンズクラブ

History

高牟礼ライオンズクラブの誕生

1992年9月、福岡県久留米の地に我が『高牟礼ライオンズクラブ』が誕生しました。ここで皆様に我がクラブをもっと知っていただく為に、高牟礼の由来なるものをご紹介いたします。

昔、霊峰があり、山高く縁り濃く、いのちの水を豊かにたくわえて繁茂し、お山そのものが神仰のシンポルであった事は想像にかたく有りません。弥生時代後期の頃、今を去る1,300年前、朝鮮半島を経て、文化・文物が盛に摂取され、朝鮮語と日本語の合成になる、高牟礼山の呼名がなされたと伝わっています。其の後、幾変遷をへて、高牟礼一高礼一高羅一高良は現在音読により、高良(こうら)となりました。

聖武天皇の御世、各地の地名を住字二字との勅命により、高良の地が生まれました。ロマン豊かなこのお山は、耶馬台国の謎、倭人伝の本行陸路里程等にも充分根拠を有します。いずれ知識人の説明に中ずることにいたしますが、この様なわけで、高牟礼山=高良山となりました。

高良山の麓に広がる筑後平野、その中でも中心地として発展を続ける久留米市の中に、この由緒ある名を戴き、六番目のライオンズクラブとして誕生したのが、私達の『高牟礼ライオンズクラブ』であります。

1992年5月28日
認証式 久留米高牟礼ライオンズクラブ
チャーターメンバー:50名
スポンサークラブ:久留米中央ライオンズクラブ
1992年9月23日
チャーターナイト記念式典
2017年9月16日
結成25周年記念式典

歴代3役

年度会長幹事会計
1992年9月~1993年6月鳥越 三雄里岡 軍時鶴久 政彦
1993年7月~1994年6月里岡 軍時保坂 昌克四ヶ所 十郎
1994年7月~1995年6月鶴久 政彦四ヶ所 十郎北島 栄
1995年7月~1996年6月松尾 治之江頭 理執行 龍美
1996年7月~1967年6月保坂 昌克田志 俊樹鳥越 嘉夫
1997年7月~1968年6月四ヶ所 十郎西見 哲郎本村 政敏
1998年7月~1969年6月江頭 理高木 基宏大渕 康則
1999年7月~2000年6月執行 龍美四ヶ所 十郎本村 政敏
2000年7月~2001年6月田志 俊樹高木 大蔵吉山 進夫
2001年7月~2002年6月執行 龍美松尾 一広本村 政敏
2002年7月~2003年6月高木 基宏大渕 康則浅野 博文
2003年7月~2004年6月本村 政敏浅野 博文四ヶ所 十郎
2004年7月~2005年6月高木 大蔵金子 範彦松岡 秀樹
2005年7月~2006年6月松尾 一広執行 龍美本村 政敏
2006年7月~2007年6月大渕 康則鳥越 嘉夫高木 基宏
2007年7月~2008年6月浅野 博文松岡 秀樹富松 豊次
2008年7月~2009年6月金子 範彦岩橋 栄司松尾 一広
2009年7月~2010年6月松尾 治之伊藤 孝司佐藤 孝典
2010年7月~2011年6月中井 久宮本 充範古賀 洋子
2011年7月~2012年6月松岡 秀樹中島 寛明富松 豊次
2012年7月~2013年6月岩橋 栄司松尾 一広轟 義寛
2013年7月~2014年6月伊藤 孝司高木 大蔵四ヶ所 十郎
2014年7月~2015年6月松岡 秀樹本村 政敏衛藤 将
2015年7月~2016年6月松尾 一広轟 義寛岩橋 栄司
2016年7月~2017年6月高木 大蔵松岡 秀樹伊藤 孝司
2017年7月~2018年6月四ヶ所 十郎本村 政敏田志 俊樹
2018年7月~2019年6月轟 義寛岩橋 栄司松門 龍治